So-net無料ブログ作成

国産木材体験ツァー2008「山の木から家の木へ」 [講演]

2008年8月4日

日光地区木材流通研究会が主催する
国産木材体験ツァー2008「山の木から家の木へ」が開催しました。
今回で6年目の事業で、毎年建築デザイン系の学生をお迎えして、
林業及び木質系のカリキュラムを現場で体験して頂く事業です。

IMG_3166.jpg IMG_3149.jpg

先ずは、林業の概要を講義して、現場に移り早速下刈り作業。各自釜を持ち5メートル
以上離れて作業開始!ところが突然雷と雨が・・、9人での10分の作業で約1aの下刈
りが出来、作業の大変さを体験。去年の植林地の隣に植林を行い看板を設置。

IMG_3152.jpg IMG_3160.jpg

昼食は、恒例のカレーライス!田村先生は大盛り2杯をたいらげ、相変わらずの大食いを
披露して下さった。午後は、現場に戻り伐採作業!先ずは測樹の実習。樹高を調べ、そして
材積を予想する。正解者には当社のTシャツをプレゼント!

IMG_3168.jpg IMG_3172.jpg

伐採後も使用目的に合わせて造材、この木はこれから彼らの手により木どりされて、
学校での教材として授業や国際家具展での展示や卒業制作に使われる予定である。
学校での取り扱いを考慮して、元玉からすべて3mに造材。学生をグループ分けして
丸太の配布、責任を持たせ明日の製材までに木どりを企画させる事に。

IMG_3174.jpg IMG_3176.jpg

宿泊地についたのは予定より1時間過ぎてしまいましたが、早速教室で人工林の概念と
森林破壊、そして我が県の概要を県西環境森林事務所大金さんが講義。その後、
本日伐採した木を木どりするための検討会を行いました。

IMG_3190.jpg IMG_3180.jpg 

講義も予定より30分オーバーして、やっと夕食に。なんとメニューはカレーライス!
さすがに2食連続はうれしくない・・・。来年はリクエストするようにしよう。
懇親会の間も、我々のメンバーと木どりの話題や建築現場の話などで懇親を深めた。
その間にも、カレンダーの裏側を使い実物大の図面をひき検討する熱心な学生もいた。
私は、9時30には寝てしまったが、12時過ぎまで続いたらしい。

IMG_3182.jpg IMG_3185.jpg

6時に起床!その後、当直の二塀氏による施設の案内をしていただいた。
6時40分からはメンバーの石川さんによる、木材の物理特性の講義が行われた。
7時30分より朝食、そして8時20分には出発し西村製材所に移動しました。
西村製材所では、石川さん設計による建築現場の視察と製材工場、乾燥施設の視察。
そして、昨日伐採した丸太を学生の木取りにしたがって実際に製材してみました。

IMG_3193.jpg IMG_3195.jpg

昼食後は、鹿沼原木市場の市をを視察。実際の「口せり」を視察、学生は丸太の多さと
価格の安さに驚いていました。

IMG_3205.jpg IMG_3215.jpg

IMG_3217.jpg IMG_3225.jpg

そして手作りで家具を作っている森戸工房さんを視察。学生たちには、自分たちのふだん
の作業に近いので興味のある視察地だったかもしれない。細部にわたり構造やデザインを
メモしたりしていた。

IMG_3227.jpg IMG_3228.jpg

最後の視察地、栃木県林業センターでは片浦場長よりセンターの説明を受け、そして
センターの施設案内をしていただきました。木材試験棟において大野氏より概要及び
学生から質問のあった含水率の概念、そして心材色の成分などを答えて頂き、
杉横架材の実大破壊試験を見せていただいた。

IMG_3239.jpg IMG_3254.jpg

最後にホールに戻り、閉会セレモニーを行いました。参加者全員から今回の感想を2分程度
でスピーチしてもらい、修了証を授与致しました。
2日間に渡り、相当なハードスケジュールで木のふるさとツァーを行いましたが、私たち講師
も参加者も疲れも見せずこなすことが出来ました。参加してくれたICSの学生たちの「やる気」
の成せる技だと感謝する所です。

彼らが、今後の仕事の中で少しでも国産木材を使う事の機会が増え、そのときの一助になれば
と願うものです。

協力を頂いた、ICSの先生方や学生の皆様、森戸工房さん、栃木県環境森林部の皆さんに
感謝申し上げます。






nice!(1)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
メッセージを送る