So-net無料ブログ作成
検索選択

原油の高騰と林業 [ひとりごと]

2008年7月18日
IMG_0721.jpg
多くの現代人は、石油に依存して生活している。わたしもその中の一人であることに、最近痛感している。
あたりまえのように、軽油を使い現場で搬出していた作業が、原油高騰により大変なことになっている。
我々林業だけでなく、漁業も毎日のようにどこかで出漁を控えるニュースが・・・。
現場で使う燃料は免税扱いとなりかつては47円程度だった免税軽油がここ最近では130円すぐにでも3倍になる勢いだ!
それでも原木の値段は変わらないし、林家から変えることは難しい。我々は出漁中止などのまねは出来ないが、
ややもすると廃業、転業もありうる話である。アイドリングストップや効率だけでカバー出来る話ではなくなった。
次年度当社では、機械の買い換えに伴う中期機械ビジョンを策定しているさなかの出来事、
大きく修正を余儀なくされそうです。

未来につなぐ緑の環境と資源を守る産業として
「もっと自然に、もっと効率よく」倫理と責任を持って経営を考えて行かなくては!


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 6

森人

お疲れ様です。
今日も現場で機械化の話をマコトさんとしました。これからの林業を考える上で、「機械化」は必需!しかし、何か時代の流れの潮流と現実社会の
矛盾の狭間で右往左往させられるのは、いつの時も第一次産業を生業と
するもの達・・・
「機械化コスト」・「雇用コスト」いつの間にか天秤にかけられるのは同じ
中にあるもの同士である気がしています。
それでも、自分達の仕事に誇りを持ち、未来への架け橋となれるよう
日々精進しようと思います。




by 森人 (2008-07-18 18:23) 

喜多@山は涼しいですか?

先日お陰様で、FJ邸が無事に上棟しましたが、式はして居ませんので安心して下さい、竣工で何かやるそうです。
 所で原油高の影響で、我々も全ての部材の値上げで音を上げて居ます(笑) 正当な金額に落ち着くまでの辛抱です、通勤で車を使わず、チャリに変える人も多いそうですが、チェンソーを斧には変えられないでしょうから、お察しします、人間に入れる油を節約するしか無さそうですね、燃費が悪いと聞いてますので! 
by 喜多@山は涼しいですか? (2008-07-18 18:30) 

たーチャン

喜多@ 様

FJ様邸上棟おめでとうございます。FJ様奥様感激の涙が脳裏を離れません。
我々、一次産業者はいつでも「我慢の時」ですが、今般の原油の話もデメリットをメリットに転化出来る手法を模索しております。
当社にはFJ様をはじめとするお施主様や、喜多@様などの工務店様がいらっしゃいます。多少の苦労や障害はお客様の喜ぶ顔で吹き飛んでしまいます!
今後もお客様のメリットと喜ぶ顔のために奮闘して参ります(#^.^#)そして、時分のガソリンを減らし健康とコストダウンに心がけますので、今後も当社を宜しくお願い致します。


by たーチャン (2008-07-19 06:34) 

たーチャン

森人 様

我々は会社の問題点を社員みんなで考え、議論することが出来る。社長だけの問題でなく会社全体の問題として考える社員がいて、議論出来る体質も我々にはメリットである。社員の皆さんに感謝しています。
機械化は必要だと思う、現在は林業機械学の宇都宮大学の田坂教授や筑波の研究所とコンタクトを取りながら、情報を集めています。
by たーチャン (2008-07-19 06:53) 

toyo

TV新聞では漁業関係の方の大変さを大きく報道していますが、きっとそれ以外の業種の方も切実に同じように困っている人が多いはず、と思っていました。
どう言っていいかわかりませんが頑張ってくださいね・・・としかいえないです。
というか、私達の業界も瀕死の状況です。
突破口はどこに?といつも思ってはいるんですが・・・。
とにかくお互い頑張るしかないですね。頑張りましょう!
by toyo (2008-07-19 23:23) 

たーチャン

toyo様

いつも見て頂きありがとうございます。
ここ30年、我々業界は悪化の一途を続けて来ました。今更おどろいてはおりませんが、社会的にはあまり知られていない事実だと思います。
しかしながら、当社は生き残っておりますし、これからも林業を絶対諦める事はしません。なんらかの確実な方策を見つけます。
現在は過渡期であるために、短中期的なビジョンをたてることは困難です。あと1,2年様子を見る必要がありそうですね・・。
応援ありがとうございます!お互いに頑張りましょう(*^_^*)
by たーチャン (2008-07-20 04:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る